銀行カードローンと消費者金融では同じ金額を借りても適用法律が異なる

同じ金額を借りるなら、一見すると違いが少なく見える銀行カードローンと消費者金融は、違いをしった上で賢く利用しなければ損をしかねません。なぜなら、銀行カードローンは銀行法に基づく貸付であって、貸金業法に基づく消費者金融とは貸付基準や方法が異なるからです。

銀行カードローンは、銀行が損をしないように保証会社を必ず付けて貸付が行われる仕組みとなっているので、銀行にとっては低リスクで融資が出来る分だけ低金利となります。

しかし、2018年より貸付時に警視庁のデータベースとの照合が行われるようになったことで、即日融資が原則として禁止されることになりました。このため、即日融資を希望する場合には、いかに低金利融資を受けられたとしても候補から除外する必要が出ているわけです。

一方、消費者金融は自社または審査会社による融資審査を経て、貸金業法に基づく総量規制の範囲内ならば即日審査・即日融資が可能になります。他社からの借入があっても返済能力がまだあると認められれば融資を受けられるので、与信力に自信が無い人に向いているわけです。

しかし、貸付基準を柔軟にしている代わりに貸付金利は利息制限法で定められた上限金利ギリギリとなっている消費者金融が大半を占めているので、短期返済しなければ総返済額が膨れ上がる傾向にあります。

参考:改正利息制限法の施行